アイピルの副作用ってどうなの?

アイピルは、望まない妊娠を防ぐために、避妊に失敗した後72時間以内に服用することで、受精卵の着床を防ぎ、子宮内膜をはがして妊娠を阻止することができる、アフターピルです。

避妊効果を得る為に毎日1錠を服用する低用量ピルとは違い、含まれている女性ホルモンの一種であるプロゲステロン量が多いアイピル。これを服用することで、体内のホルモン量を急激に増やして生理を引き起こして妊娠を阻止することができますが、体にも負担をかけてしまう為あくまでも緊急時に服用することを前提としています。

アフターピルとは

アフターピルは、緊急避妊ピルや緊急避妊薬、モーニングアフターピルとも呼ばれる経口避妊薬で、避妊に失敗してしまった後でも、服用することで妊娠を阻止することができますから、望まない妊娠を防止することができます。

日本ではまだ認知度の低い薬ですが、婦人科などでも処方してもらえますし、通販などでも購入することができますから、妊娠を望まないのであれば携帯しておくと安心です。ピルというと、含まれているプロゲステロン量の少ない低用量ピルが主流となってしますが、低用量ピルは毎日服用しないと避妊効果を得ることはできません。

一方、アフターピルは、ホルモン量が多い為急激にホルモンバランスを崩して、強制的に子宮内膜をはがすことができるため、1回の服用で効果を得ることができます。

ノルレボのジェネリック医薬品

アイピルはノルレボのジェネリック
アイピルは、ノルレボのジェネリック医薬品です。ノルレボというのは、日本で緊急避妊薬として認められているアフターピルで、アイピルはノルレボと同じように避妊効果を得ることができます。

主成分のレボノルゲストレルは、排卵を遅らせて精子が受精しないようにする働きをするため、強い妊娠防止効果を得ることができます。使用方法は、避妊に失敗してから72時間以内に水と一緒に1錠摂取するだけです。

ホルモンバランスが乱れるため、吐き気や嘔吐、倦怠感、頭痛などつわりのような副作用が起こることがありますが、通常24時間程度で治まっていきますから、心配はいりません。また、できるだけ早く服用することで、より高い避妊効果を得ることができます。

アフターピルの副作用

アフターピルは、女性ホルモン量が多いため、低用量ピルよりも副作用が強く現れることがあります。アフターピルには、ヤッペ法と呼ばれるプラノバールとノルレボの2種類があります。プラノバールは、アフターピルではなく中用量のピルですから、プロゲステロンだけではなくエストロゲンも含まれています。そのため副作用が強くでるというデメリットがあります。

ただ、値段が安いということで、以前はプラノバールをアフターピルとして処方されるのが一般的でした。ノルレボは、エストロゲンが無配合、プロゲステロンだけが配合されているアフターピルなので、副作用が抑えられるというメリットがあります。ただ、費用が高額となるというデメリットがあります。

アイピルは、体の負担が少なく、1回服用するだけで効果を発揮するノルレボのジェネリック医薬品ですから、ノルレボと同じ効果を得ることができ、さらに費用も安いという特徴を持っています。

服用の注意点

副作用による時間に関する注意点
アフターピルは、正しく服用すれば、かなり高い確率で妊娠を阻止することができますが、実際にはそれでも避妊に失敗してしまうというケースもあります。アフターピルを服用後、3時間以内に吐き出してしまった場合には、有効成分が体外に吐き出されてしまったと考えられるため、避妊効果は期待できません。

そのため、製造元では、服用後3時間以内に吐き出してしまった時には、別のピルを飲むように指示をしています。このときに服用しないまま放置していると、妊娠する可能性も高くなってしまいますから、十分注意しましょう。

また、性交後72時間以内に服用すれば効果があると言われていますが、時間が経つほどに効果は低くなってしまいますから、できるだけ早く服用することが、避妊率を高めるには重要です。

男性主体の避妊法であるコンドームは、性感染症予防には効果がありますが、正しく装着しないと高い避妊効果を得ることはできません。また、破れていたり、途中ではずれてしまうなどのトラブルも意外と多く、望まない妊娠をするリスクも高くなってしまいます。

男性によっては、装着を嫌がることもありますから、女性が自分で身を守るためには、ピルは有効は方法といえます。
特にアフターピルは避妊に失敗してしまった場合や、性犯罪に巻き込まれてしまい、妊娠の可能性があるという場合に有効な方法ですから、携帯しておくと安心です。

どうしても避妊したい時にアフターピルを飲むこと

アフターピルに含まれているプロゲステロンの量は多く、服用することで急激にホルモンバランスを崩してしまいますから、常用はせず緊急用の薬ということを認識しておくことが大事です。また、血栓症のリスクが高くなってしまいますから、ピルを服用する時には喫煙を控え、少しでも気になる症状が現れた場合には婦人科を受診するようにしましょう。