服用頻度について注意してほしいこと 体験談から学ぶ

避妊が簡単におこなえて便利な反面体への負担もあるアフターピル。それはアイピルでも同じです。副作用が出ないからといって1ヶ月起きに使ったりそれ以上の頻度で使う女性もいますがそれは大きな間違いです。頻繁に避妊がしたいのならばコンドームを使う、もしくは低用量ピルを使った方が体への負担も減らすことができます。
また頻繁な使用は避妊率を低下させてしまうこともあります。では体にどのような負担が掛かるのか、また避妊に失敗した時の体験談を見ていきましょう。

1ヶ月おきに使用していたRさん

私は彼と勢いで避妊をしないことが何度かありました。いつもはゴムをしていますがアイピルに甘えていたので1ヶ月に1回くらいはアイピルを使っていました。
そしたら生理の周期が乱れてしまい以前はなかった生理痛や生理の出血量も多くなったり少なくなったりなかなか安定しませんでした。挙句の果てには彼に肌荒れを指摘されてアイピルの服用を控えることにしました。
半年以上アイピルの服用を控えた後にやっと生理の調子も整い肌荒れも良くなりました。人によっては頻繁に服用を続けていると排卵日の時期が重なって妊娠しやすくなってしまったり、妊娠するリスクも高まるそうです。また生理周期がなかなか元に戻らなくなってしまうこともあると言いますので私のように服用し過ぎには気をつけてください(^_^;)

避妊に失敗してしまったSさん

コンドームは膣がかぶれしまう為いつもコンドームはアレルギーに対応したものを使用していました。ある日知人からアフターピルのことを教えてもらい調べて通販で1番人気のアイピルを購入しました。使ってみたら副作用もなくコンドームの代わりに何度も使っていました。多い時は1ヶ月に3回ほど使っていました。ある日いつものようにセックス後に服用したのですが、いつまで経っても出血が見られず病院へ行くと妊娠4週目だということが分かりました。
まだ子どもを望んでいなかった私は中絶をしましたがお腹の子には申し訳ない気持ちと反省の気持ちでした。もう少しちゃんと避妊をしていればこんなことにはならなかったと思います。今でもあの時のことを思い出すと辛いです。