安全なアフターピル、アイピルの高い人気

アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵の周期を遅らせて、強制的に精子の受精を阻害する効果があるため性行為中に避妊失敗したケースでも、24時間以内にアイピルを服用することで、90パーセント以上の確率で妊娠を阻害すると言われています。このことから、アフターピルで人気のアイピルは安心できる緊急避妊薬である上に、安いと評判です。他にどんなことが良い評判につながるのかみてみましょう。

ピルとは

ピルについて説明する女性
ピルに含まれる成分は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンでこれらは次の月経まで排卵が怒らないように排卵を抑制する効果があります。排卵が起こらないことで妊娠の確率を格段に下げます。一般的に避妊薬として使われているのは低用量ピルで、毎日決まった時間の服用を続けて初めて、避妊効果を得ることができるものです。一方アイピルなどのアフターピルは避妊に失敗してしまった後に飲むピルで、強制的に生理を引き起こして妊娠を阻害するという違いがあります。

日本における人工妊娠中絶の現状

世界的にみると避妊のためにピルは人気のアイテムで一般的に使用されているのに対し、日本ではまだピルに対して偏見を持つ人が多く、望まない妊娠をして人工妊娠中絶を受ける人が少なくありません。中でもアイピルのような緊急避妊薬の認知度は低く、望まない妊娠をする人が後を絶ちません。正しく服用すれば高い確率で避妊ができるので、今は妊娠したくないという場合には常に女性が携帯しておくと安心です。

ノルレボのジェネリック医薬品

ジェネリック薬を作っているスタッフ
アイピルはノルレボのジェネリック医薬品で、有効成分のレボノルゲストレルは世界保健機構の必須薬に指定され、国際的にも標準的な緊急避妊方法として確率されています。強めの黄体ホルモン薬なので服用すると体に負担がかかりますから、むやみに使用せずあくまでも緊急時に使用することが基本です。ノルレボは日本国内で処方されている緊急避妊薬ですが、アイピルはノルレボと同様の働きをし、安心で安価なジェネリック薬となります。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れたあとに発売される後発医薬品で、新薬と同じ有効成分と同じ効き目をもった薬ですから、安心して使用することができます。アイピルもノルレボと同じ有効成分を使用していますし、国が定める厳しい規制や基準をクリアして販売されていますから、ノルレボと同じ効果が期待できます。また新薬に比べて開発費や販売費を抑えることができるため、価格も安く人気となってます。病院内で処方してもらうときには、医師にジェネリック医薬品に変更したいと伝えることで処方してもらえますし、病院外の薬局で薬をもらうときにジェネリック医薬品にチェックをいれておけば、薬をジェネリック医薬品に変更することができます。

緊急避妊薬が人気の理由

日本ではまだ緊急避妊薬の認知度が低く、避妊に失敗してしまいどうしたら良いのかわからず、中絶するという人も少なくありません。そうならないためにも、女性なら避妊法をきちんと知っておくことが大切です。近年、低用量ピルの存在は知っている人も増えてきていて、人気となりつつあります。ただ緊急避妊薬はまだまだ認知度も低く、存在を知っていてもどこで購入できるのか知らない人も少なくありません。

近年では性行為が低年齢化してきていることも問題視されていて、興味だけで将来のことを考えずに親になる責任感も持たないまま妊娠をしてしまい、心身ともに大きな負担を抱える女性が後を絶ちません。アイピルは性行為後に服用することで避妊が出来る方法でコンドームが破れていたり、膣内への射精などの不意な事故の際に有効であると言えるでしょう。アフターピルは低用量ピルとは違って中用量や高用量を使用し、ホルモンバランスを一気に変化させることで、妊娠を阻害します。

日本で用いられている緊急避妊薬の服用方法には、ヤッペ法とノルレボの2種類があり、ノルレボは厚生労働省が許可したアフターピルで、副作用が少なく吐き気などもほとんどないという特徴があります。アイピルは、このノルレボのジェネリック医薬品で正しく服用することで高い効果を得ることができ、望まない妊娠を防ぐ最終手段であり、女性自身が出来る避妊法として人気があります。

通販で買える、人気のジェネリック医薬品

人気のアイピルのイメージ
アフターピルは、服用後3日~3週間程度以内に出血があれば避妊成功といえます。これを消退出血といい、子宮内膜をはがして受精卵を着床させないようにするため、出血がおこります。 ただ3週間たっても出血がみられない場合には、妊娠の可能性がありますから、市販の妊娠検査薬で確認する必要があります。アフターピルにもいろいろな種類がありますが、ノルレボは副作用が少なく人気があります。

緊急避妊薬は、診察を受ける医療機関によっても3000~15000円程度と費用に差が出ます。ノルレボは副作用も少なく人気がある分、金額が高くなってしまいますが、ジェネリック医薬品なら低価格で同様の効果を得ることができますから、おすすめです。またクリニックで処方してもらう場合には、診察料もかかってしまい費用が高くなってしまうので、より安く購入できる通販は人気となっています。